2005年11月28日

ハリーポッターと炎のゴブレット

gof_poster.jpg

恒例行事となった家族全員で映画館へいく「ハリー・ポッター」
前作がちょっと(原作ファンなだけに)消化不良だったことや
あの小説2巻分をどう3時間弱にまとめあげるのかの不安があり
期待せずにいった。

exclamationこのさきは原作および映画のネタバレありますexclamation




映像はほれぼれするほどよかったし、前作ほど落胆もなく無難にまとめあげたという印象。
ハリー・ハーマイオニー・ロンの成長ぶりもめざましいし、
他の子たちもどんどん「英国青年」っぽくなってきてそれだけでも楽しかった。

それでも、原作を読んだ人の感想としては(我が家は夫を除いて読破)
クィディッチワールドカップのシーンあっさりと終わってしまった。
ちょっとだけでも、審判役でコリーナさんなんかでてきてくれたら・・(と勝手な妄想)
娘が楽しみにしていたドビーとウィンキーもでなかったし
(でもマートルはでてきてくれた)
ハーマイオニーにはリータ(あの新聞記者)をとっちめて欲しかった。
なんだか、今回、ハーマイオニーはただの思春期の女の子としか
扱われてなかった感がして残念だった。
あと、例のあの人が復活した恐怖とか大人の事情での葛藤とか、
心理的なところがあっさり描かれていたかなぁ〜。

まぁ、連続ドラマではないんだし、映画としてまとめるのだから
ここまでは許容範囲なんだけど・・・

ラストシーン。これだけは原作どおり、ロンの双子のお兄ちゃん(フレッドとジョージ)に
賞金をあげながら、「笑いがもっと必要になる」って言って欲しかった。
その言葉にハリーの覚悟と恐れが凝縮されていると思うから・・・・

今回は子どもと夫に従って「吹替版」だったけど、やはり「字幕」で観たい!
DVDまで待てない・・・・

次の日、夫は会社で読んでもいないくせに、わたしと息子で話した
原作との違いや感想をさも自分が読んだように吹聴してまわったそうな雷
ボロがでないうちにやめてほしいものだ。



posted by まろ茶 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。