2005年11月23日

浅草で味噌煮込みうどん

      味噌煮込みうどん


浅草雷門にオープンした名古屋名物「味噌煮込みうどん」の山本屋総本家へ行った。
夫が名古屋へ出張に行くたびに立ち寄っていて、一度おみやげで買ってきてくれた
ことがあったが、やはり本場の「名古屋コーチン」入りのものが食べたかった。
夫が言うには「山本家総本家」ともうひとつ似た名前のがあって、どちらが元祖か
譲らないという。いかにもどこにでもある「名物品」の話なのだが・・・

八丁味噌とか赤だしは、なじみがなく「高校の修学旅行」で食べたくらいしか記憶にない。
まず、味噌が苦いような、酸味があるような独特な感じ。
うどんはパスタでいったら「アルデンテ」煮込んであるのに、しんがあって堅い。
ふむふむ・・・とめずらしげに食べはじめ、鶏肉を口に入れたとき
「あぁ、この歯ごたえと味の濃さが名古屋コーチンなのか・・・」とちょっと感激。
こんなのいっぱい食べたら、ブロイラー食べられなくなっちゃうなぁ。
おなかがすごく空いていたらこの汁をごはんにかけて食べたいと思った。

不思議な感覚で汁を飲み、味わってみるが、
リポーターのような気の利いたコメントが浮かぶわけでもなく
チャングムの(最近ハマっている韓国ドラマ)ような天才的な味覚を持つわけでもなく・・
わけがわからないままお店をでた。

帰りの車中、「なんとなくまた食べてみたいなぁ〜」と思わずつぶやいていた。
夫は「そうだろ?そうだろ?」と鼻をふくらませていた。
でも、ちょっと値段がお高めだから、夫の思惑どおりにはいかないのだ。
posted by まろ茶 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。